筋肉を強くして健康寿命を伸ばそう

2016年6月25日 No Comments ブログ 伊藤太祐

筋肉の量が減少すると、転倒や病気のリスクが増えます。筋肉の量を増やすために、普段からバランスの良い食事をとり、ウォーキングや筋トレなどの運動を行うことが大切ですが、より効率的に取り組むために、まず筋肉の特徴、基本的な栄養や運動の知識が重要です。

筋肉には、体を支える・動かす、エネルギーを貯蔵するなどの機能があり、役割により大きく骨格筋(腕や脚の筋肉、腹筋など)、平滑筋(血管や内臓の壁にある)、心筋(心臓だけにある)の3種類に分けられます。自分の意思で動かせるのは骨格筋だけなので、意識的に鍛錬することができます。

一般的に筋肉は20歳ごろまで増加し、その後少しずつ減少していき、70歳代では20歳代の4割程度になります。筋肉の減少は、その構成するタンパク質の合成と分解(=代謝)に依存し、合成する量を分解する量が上回ることで起こります。この代謝には、加齢、男女差の他に、食事や運動などが関連しており、適切な生活習慣が重要となります。

近年、高齢者に関する研究で、歩行速度が速いほど長生きできることはわかってきています。歩行速度は筋肉量に影響を受けますので、長生きする上で、適切な食事や運動を行い、筋肉量を維持・改善するのがとても大切になります。

*****************************************************

こんなこともやってますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください!

・健康について考えよう!~健康セミナー・健康カフェ会~

・医療関係者で繋がろう!~医療関係者交流会・カフェ会~

・素敵な休日を過ごそう!~YPS:代々木公園ストレッチ会~

*****************************************************

PTメディカルトレーナー

伊藤 太祐 Taisuke Ito

itotaisuke@gmail.com

フロントページ

GOALS 訪問型パーソナル : https://goals-partner.jp

過去ブログ:http://ameblo.jp/ptmedicalcenter/entrylist.html

Facebook:https://www.facebook.com/taisuke.ito.37

LINE ID:itotaisuke

*****************************************************

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です